MENU

老人性色素斑の原因やでやすい場所について

年齢を重ねると気になるのがお肌のシミ。老人性色素斑とも呼ばれるこの症状は、主に皮膚の薄い目の周りや頬などに出来やすいとされています。

 

紫外線により引き起こされ、見た目年齢にも大きく影響を及ぼしますので、出来るだけ目立たないようにしたいものです。

 

今回は、出来てしまったお肌の老人性色素斑を消す方法について書きたいと思います。

 

この老人性色素斑の発生するメカニズムは、日常生活で長期にわたって紫外線を浴びた結果、メラニン色素が蓄積して茶色い痕となります。

 

また、妊娠などのホルモンバランスの変化や悪化したニキビ跡など傷になってしまった部分にも現れることが多いのです。

 

治療はクリニックでのレーザー照射が効果的と言われています。

 

しかし、時間はかかりますが自宅でもシミ専用のスキンケア化粧品でケアすることが可能です。

 

老人性色素斑を薄くする成分として、レチノイン酸やハイドロキノンが有効とされていますので、これらが配合されているクリームなどを気長に使い続けることが大切です。

 

市販のスキンケア用品にも配合されていますので、手軽に始めることが出来ます。より高い効果を求めるのなら、皮膚科で塗り薬を処方してもらうのも良い方法です。

 

また、スキンケアだけでなく日常生活に気を配ることも大切です。ビタミンCを積極的に摂り入れることで体の中から効果を高めることが出来るのです。野菜中心の食生活と良質な睡眠で体内のリズムを整えることが肝心です。

 

このように、気になるシミを消すには体の外側と内側の両方からの働きかけが有効となるのです。