MENU

シミのできる原因を知っていますか?

シミができてしまったら、まず最初に原因を把握することから始めます。

 

最も多い要因は、紫外線の記憶の蓄積です。紫外線を浴びると、肌を守るために肌の奥にあるメラノサイトがメラニン色素を生成します。新陳代謝が活発なうちは、多少メラニン色素が生成されてもターンオーバーにより剥がれ落ちます。

 

しかし、代謝が鈍ると肌に残ってしまうため、シミとして目立ってしまうのです。代謝は加齢と共に落ちるものですし、若い頃から紫外線を多く浴びてきた人ほどリスクが増します。

 

基本対策としては、日傘や帽子で直射日光を浴びないようにすることが最も大事です。紫外線を浴びなければ新たなメラニン色素が生成されませんので、代謝によって少しずつ薄くなります。UVカット効果のあるクリームや日傘等を併用することで、かなりの紫外線を防ぐことができます。

 

次に、肌の新陳代謝を高めるためにビタミンCを摂ることも重要です。新陳代謝が活発になれば肌にメラニン色素が蓄積されることもなくなります。ビタミンCは果物や野菜に多く含まれていますが、料理が面倒な場合はサプリメントでも摂取できます。

 

毎日のスキンケアでは、洗顔時に肌をこすらないようにすることや、ビタミンC誘導体等の美白効果の高い化粧品を取り入れることが重要です。

 

このように色々な角度からケアを行い、継続して根気良く続けることで、確実にシミを薄くしたり消すことができます。まずは肌の記憶をリセットするために、蓄積されたメラニン色素を排出することから始めましょう。